ブログ

孤独死や遺品整理にまつわる法律トラブル

孤独死は、故人とのお別れを悲しんでる時間を持つ間もなくトラブル解決に向けて動き続けなければなりません。もし、そうなってしまったら、法律を少しでも知っておかなければ大きな負担を強いられることがあるのはご存知ですか?実は、孤独死の遺品整理やトラブル処理などを抱えきれず、相続放棄を望む方も多くみられます。孤独死に直面する可能性はどなたもゼロとは限りません。そこで、ここでは孤独死に直面した際に知っておくべきサービスなどについてお伝えします。

賃貸物件での孤独死トラブル

孤独死の数だけトラブルはありますが、家主から現場となった賃貸アパートの原状回復費用を請求される場合も多いですね。基本的に、相続人は故人の財産だけでなく債務や負債も相続することとなります。もし、死因が自殺の場合、クロスや床の汚れの原因を作ったのは故人であり、損害賠償をされることもあるでしょう。ですが、裁判でも多彩な判決がでており、損害賠償については一概にはいえません。また、原状回復については臭いや汚れの飛び散りからフルリフォームを望む家主も多いですが、相続人は必ずしも全額払う必要はありません。

そんな時は、
・室内の家財は遺族が撤去し、速やかに部屋を明け渡すことを提案
・故人が入居時に預けた敷金の権利を放棄するが、敷金以上の原状回復費用や損害賠償請求等について相続人は支払いをしない

といった条件をだし、相続人不存在であれば相続財産管理人の選任請求から始めねばならず、請求する相手がいなくなる旨を伝えましょう。自然死の場合は、故意に部屋を汚したとはいえないため、原状回復義務は家主にあるというのが一般的な意見です。ですが、状況などによって弁護士でも意見が分かれることもあり、”絶対に”とはいえないのが現状です。また、立場によってもその可否は異なります。もし、相続人の立場であれば、負担が重いと感じれば放棄することで財産と一緒に負債も放棄できるので、義務はなくなります。ただし、連帯保証人になっている場合は話が別であり、相続を放棄しても義務は残ります。その場合でも、ルームクリーニングや消毒、キッチンや建具・エアコン・カギなどの交換は義務の対象外となるため、明細はしっかりと確認しましょう。

遺品整理で相続放棄をしたい場合

遺産整理を始める前に知っておくべき点もあります。必ず守っておきたいのは、放棄する可能性が1%でもあればまずは故人にこれ以上、負債がないか調査する点です。その上で、立場を明確にするのですが、これらは遺品整理の前に済ませておくことが鉄則です。家主や管理会社にいわれるがまま放棄前に遺産整理を始めると、相続を認証したものとみなされてしまいます。また、相続放棄せずに遺品整理は行うがそれ以上の義務については感知しないと、管理会社や家主と合意するという方法もあります。

弁護士の手を借りるのも重要

状況によって判断が異なるなど、誰もが分かりやすいガイドラインがあるとはいえない孤独死問題。もし、相続人であれ連帯保証人であれ自身が問題に直面した際は、その道のプロを味方につけてできる限り穏便に解決する道が一番最良だと思われます。八方塞がりで苦しむことはありません。そのためにプロがいるのですから、大いに活用しましょう。馴染みの弁護士がいない場合は地域の法テラスに相談し、自分の方針を理解してくれる弁護士を味方につけることをおすすめします。

遺品整理、孤独死トラブルならメモリアルへ

孤独死は高齢者だけの問題ではありません誰もが明日は我が身です。そんな時が来てしまったら、自分で解決しようとせず、落ち着いて情報収集から始めましょう。まずはプロを味方につけ、管理会社や家主との窓口となってもらうだけでも、負担は大きく軽減できますよ。メモリアルでもご相談をお受けしておりますので、お気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 遺品整理、自分でやる方法と業者に頼む方法
  2. 遺品整理で服などの衣類の処分方法や気をつけるべきこと
  3. 今から始めるのが吉?!実家の片付けと遺品整理
  4. 遺品整理は、家財などの買取と一緒にするとお得
  5. 遺品整理の片付けの作業のコツ
  6. 相続を放棄したい場合の遺品整理
  7. 一人暮らしの人が死亡した場合の遺産相続などの手続きについて
  8. 遺品整理したら供養は必要になるのでしょうか

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。