ブログ

不用品が捨てられない実家は気づいたらゴミ屋敷。どうしたら片付けができるのか?

これから実家にある不用品の片付けや処分を始める方必見。不用品の片付け・処分がなかなかできない理由や、片付ける方法、コツをご紹介します。さらに、業者選びのアドバイスもお伝えしますので、参考にしてみてください。

実家のゴミ屋敷の住人が片付けを出来ない理由とは?

どうして実家がゴミ屋敷になってしまったのでしょうか?その理由には以下のようなことが挙げられます。

・年齢を重ねて体力・気力が衰え、整理や片付けがまめにできなくなる
・心を満たすために収集癖があり、買い物依存症に陥った
・ゴミ(物)に執着心が強く、捨てることができない
・もったいないという気持ちが強い
・ゴミの片付け方や処分方法がわからない
・ゴミが溜まった不快な環境にあっても、それを不快だと思わない
・ADHD(注意欠陥・多動症候群)のため片付けられない・捨てられない
・家庭や社会の環境によるストレス
・もともと片付けるのが面倒だと思う性格

以上のように、実家がゴミ屋敷になってしまう背景には親の身体的あるいは精神的な事情が要因となっているケースが多いのです。

「掃除しなさい!」「ゴミを捨てなさい!」と頭ごなしに言うのではなく、「なぜゴミ屋敷になってしまったのか?」という原因を探ってみましょう。

親と一緒に実家の不用品を片付ける

不用品の片付けは必ず親と一緒に行いましょう。勝手に片付けてしまうと親が不安になったり、自分を否定された気持ちになったりします。また、せっかく片付けても原因がわからないままなので、時間が経つにつれてまた実家がゴミ屋敷になる可能性もあり、根本的な解決には至りません。

大切なのは親と会話しながら片付けること。「なぜ不用品が溜まってしまうのか」「なぜ片付けられないのか?」を知ることで、今後ゴミ屋敷になる前に対策を行うことができます。

物があふれているゴミ屋敷では物につまずいて転倒するなどのリスクが高いです。衛生的にも良い状態ではありません。また、不安やストレスがゴミ屋敷の要因となっているケースも少なくありません。ゴミ屋敷を片付けて原因を特定することで、事故のリスク低減や精神状態が改善され、親が豊かに老後を送ることにもつながります。

実家の不用品を確実に片付ける方法やコツ

実家の物を整理する際には、親に捨てても良いものかどうかを確認しましょう。あらかじめ必要なものをメモしておく、買ってから●年以上のものは処分するなど、段取りをしっかりしておくと作業がスムーズになります。

不用品の片付けは手間と時間がかかるものです。1日で作業をすべて終わらせてしまおうとするのではなく、何日かに分けて行うと良いでしょう。

不用品の整理業者や生前整理を行っている業者などのサービスを活用するのも一つの方法です。費用はかかりますが、片付けから回収、買取、処分まですべての作業を行ってくれます。手間がかかる粗大ゴミの処分なども行う必要はありません。

スタッフは片付けのプロ。一般の方では手に負えない状況でも、実家をきれいにしてくれます。

実家の不用品の片付けを業者に依頼するポイント

片付けを業者に依頼する際には、以下のポイントに注意して選びましょう。

・無料で見積もりをしてくれる
・地域に密着して営業をしている
・不用品整理、生前整理、遺品整理などの経験が豊富
・不用品の買取にも対応している
・下請けに丸投げしない
・コミュニケーションをしっかりととりながら作業をしてくれる

以上のようなポイントを意識して信頼できる業者を選ぶことで、家族皆が満足できる不用品整理が実現できます。

 

 

 

 

↓↓↓お問い合わせはこちら↓↓↓

 

 

関連記事

  1. 新型コロナウィルス肺炎による影響を受けている今こそ…
  2. もう迷わない!要らなくなったソファを不用品回収へ
  3. コロナうつにならないために
  4. 不用品処分のコツと業者の選び方
  5. 高崎市の遺品整理
  6. キレイに片付いた部屋 年末の大掃除に合わせて『断捨離』をしよう!
  7. 不用品処分・洗濯機 不用品処分は、買取サービス活用するのがお得!
  8. 汚部屋『ごみ屋敷』の片付けをはじめよう!

最近の記事

  1. 浴槽 お風呂
  2. 新型コロナウィルスイメージ
  3. メッセージカード メモリアル様
  4. 日の出
  5. ヒートショックイメージ
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。