ブログ

汚部屋『ごみ屋敷』の片付けをはじめよう!

ゴミ屋敷のように手がつけられなくなってしまったお部屋の掃除にお悩みではありませんか?”汚部屋”なんて言葉もあり、悩んでいる方は少なくありません。「整理をしようにもどこから始めたらいいか分からない」や「このゴミをどう処分すればいいか分からない」といった声も聞かれます。そこで今回は掃除の手順から不用品の処分方法まで、汚部屋の片付けについてお伝えしていきます。

■ 汚部屋の掃除の手順

1.心の準備

部屋を片付ける、たったこれだけと思われるかもしれません。ですが、体力的にも精神的にも負担の重い作業であり、途中で止めたくなってしまうこともあるでしょう。片付けたい理由を明確にし、「絶対にやり遂げる!」と心の準備を行うことから始めましょう。

2.用具の準備

自治体指定のゴミ袋、ダンボール箱、マスク、軍手、雑巾は必ず必要になります。ゴミ袋の枚数は状態や規模によって異なりますが、50枚ほどなど少し多めに準備しておきましょう。途中で買いに行くなど、作業を中断させると意志が低下してしまう可能性があります。ほかにも、虫が出た際に備えて殺虫剤や、分別場所を分かりやすくするため記入できるようマジックなどがあると便利です。

3.まずは捨てる

ゴミやモノなど、不用なものはとにかく捨てて行きます。「これはいつか使うかも」など迷うものは基本的には断捨離するほうが賢明です。まだ使える場合にはリサイクルショップなどで売却すると罪悪感が低く抑えられます。

4.ゴミを処分

ゴミ袋に詰めた不用品は、自治体のゴミの日などを利用して処分します。大型の家具や家電も処分することができますが、自治体によってルールが異なるため事前に確認が必要です。

5.清掃

ゴミを捨てる作業と清掃は分けて行う方が効率よく作業することができます。まずはゴミを処分し、その後高いところから順に掃除していくと手間が少なく、キレイにすることができます。

■ 不用品の処分方法


ゴミ屋敷レベルになると、トラックで運ばなければならないほど、ゴミがある可能性が高いです。個人で行う場合は、運び出しから処分場へ運ぶまで全ての工程を行う必要があり、大変骨の折れる作業となるでしょう。自治体によっては分別の規定が厳しく、途中で面倒になるケースも。また、回収日に合わせてゴミステーションに運ぶのも自力であり、大きな家具や重たいゴミ袋を持って何度も家とゴミステーションを往復するのも大変です。一方、ゴミ屋敷清掃のサービス提供業者に依頼した場合、電話一本で全て解決します。面倒な片付けや分別、運び出しなども一切不要。中にはまだ使えるモノは買い取りサービスを行っている業者もあり、処分費用の負担を軽減することができます。

■ 不用品回収業者


不用品回収業者に依頼する際は、電話やメールで気軽に相談することからはじめ、見積もりを確認し正式な依頼を行います。
選ぶ際は、

  • 産業廃棄物収集運搬許可や一般廃棄物収集運搬業許可などの資格を取得している
  • ホームページが充実している
  • 対応が誠実
  • 悪評を聞かない
  • 説明が丁寧

といった点を押さえておきましょう。常識的な業者だけでなく、悪徳業者によるトラブルも増えており注意が必要です。
ポイントを押さえ、業者を上手に活用することで汚部屋を気軽に解消することができます。まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. ゴミ屋敷 遺品整理でよくあるゴミ屋敷清掃。デメリットとなりやすいパターン
  2. 桐生市にて特殊清掃
  3. 男性 パソコン 孤独死の主な原因と防ぐための対策
  4. 上毛・赤城山 この冬、初めての寒波襲来です。
  5. 前橋市にて不用品処分
  6. 群馬県 特殊清掃
  7. お盆休暇も終わり、猛暑もあと少し…
  8. 『広告新聞』に掲載中のメモリアル広告がリニューアル!!

最近の記事

  1. 浴槽 お風呂
  2. 新型コロナウィルスイメージ
  3. メッセージカード メモリアル様
  4. 日の出
  5. ヒートショックイメージ
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。