ブログ

遺品整理で服などの衣類の処分方法や気をつけるべきこと

遺品整理を行う際に、もっとも多いものが「衣類」です。量が多い場合は、そのほとんどを処分することになりますが、その処分方法についてお困りの方も多いのではないでしょうか。そこで、大切な方の衣類を処分する際の処分方法や注意点についてお伝えします。

衣類の処分方法

遺品整理の中で、思い出に取っておきたいもの、家族が使用できるものを除いたとしても、大量になってしまうのが衣類です。大量にある場合は、次にご紹介方法で処分されることをおすすめします。

形見分けをする。

葬儀が終わった後にも、四十九日などに親族で集まる機会はあるものです。そのときに、衣類の形見分けをすることをおすすめします。親族皆で故人の思い出を語りながら、形見として欲しいものを分け合えば、故人も喜んでくれるでしょう。

また、親族以外にも故人の親しかった友人に尋ねてみてはいかがでしょうか。思い出に故人の衣服が欲しいと思っている方もいるかもしれませんので、すぐに捨ててしまわないようにしましょう。

ただ、家族で勝手に判断して仕分けし、配るのはよくありません。あくまでも、手元に残しておきたいものを、差し上げる方に選んでもらいましょう。

遺品整理業者を使い、処分をする。

形見分けを行っても、衣類は大量に残ってしまいがち。そのような場合には、遺品整理業者に依頼するがおすすめです。自宅まで来てもらい全て持ち帰ってもらうことができるので、大量にある場合も手間がかかりません。自分でゴミとして処分したり、店舗などに持ち込んだりする必要がないので、手早く処理をしてもらうことができます。

また、遺品整理の専門業者に依頼すれば、衣類だけでなくその他の遺品整理に関するアドバイスをしてもらうことができます。その他の品物も合わせて処分してもらうこともできますので、いろいろ相談することをおすすめします。

リサイクルショップで売る

着物、カシミヤ、毛皮、本皮などは、買取りできる可能性が高い品物であるため、捨てる前にそれぞれの専門店で売ることもできます。リサイクルショップでも引き取ってくれる可能性がありますので、近くの店舗に確認してみてください。ただし、基本的に自分で店舗まで持ち込む必要があるので、大量にある場合は車を用意することが必要となります。

衣類の遺品整理の注意点

遺品整理で出てきた衣類を処分する前には、以下の点に気をつけましょう。

思い出の衣類は処分する前に写真にとっておく。

全ての衣類に思い出が詰まっているので捨てられない…という方は、それらの衣類を写真におさめておくことをおすすめします。写真を見返すことでいつでも思い出すことができるでしょう。

遺言書がないかどうか確認する。

故人が遺言書を遺していることがありますので、遺品整理をする際に確認しましょう。遺言書の中に、「どの品物を誰に渡したい」と遺品整理に関することが書かれている可能性があるので、故人の想いをきちんと汲み取るためにも十分な確認が必要です。

また、衣類の中にも高価で価値のあるものは存在しますので、確認する前にうっかり処分してしまうと、あとで親族間でのトラブルに発展することもあります。もし、遺言書が見つかった場合は、親族で形見分けをする際に、きちんと見せたうえで対応するようにしましょう。

遺族があとで後悔することのないように慎重に行う。

衣類をよく考えずに処分してしまい、あとになって「あれを手元に残しておけばよかった」と後悔する方がいらっしゃいます。しかし、捨てたものはもう戻ってくることはないので、事前に後悔のないようしっかりと判断することが重要です。

遺品整理業者に依頼する場合は、信頼できる業者を探すことが大切。

形見分けが終わり、遺品整理業者に依頼することが決まった場合は、どの業者に依頼するかを見極めることが大事です。忙しくてどこでもいいからと適当に依頼してしまった業者が悪徳業者だったというケースが多々あるからです。
大切な故人の遺品だからこそ、確かなところに依頼することが大切ですね。

衣類も遺品整理を無料見積もり

当社メモリアルは遺品整理の専門業者ですので、私どもにお任せいただければ、お品物を大切に扱い、そしてご遺族の気持ちを汲み取りつつ誠実に処分いたします。衣類だけでなく、その他の廃棄物についてもご相談ください。ご不明点などにも遺品整理のプロが真摯にお答えします。まずはご連絡をお待ちしております。

関連記事

  1. 遺品整理は、家財などの買取と一緒にするとお得
  2. 相続を放棄したい場合の遺品整理
  3. 遺品整理の片付けの作業のコツ
  4. 遺品整理したら供養は必要になるのでしょうか
  5. 孤独死や遺品整理にまつわる法律トラブル
  6. 遺品整理、自分でやる方法と業者に頼む方法
  7. 今から始めるのが吉?!実家の片付けと遺品整理
  8. 遺品整理でよくあるゴミ屋敷清掃。デメリットとなりやすいパターン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。