ブログ

遺品を捨てることに罪悪感を感じるかたへ

祖母、祖父や自分の親がなくなったあとに、遺品を整理するご遺族は少なくありません。その中に、亡くなった方が使用していたものを捨てることに対して、罪悪感を感じる方がいらっしゃいます。「捨てたら悲しまれるのではないか?」という葛藤や、思い出を捨てるような気がして後ろめたい気持ち、処分することでもう戻ってこないことを実感してしまうなど、さまざまな気持ちが混じり合っていることでしょう。お辛い気持ち、お察しします。ですが、遺品整理のリミットが決まっているのも事実。ここでは進めなければならない遺品整理の心構えや、メリット、どうしても進まない際のサービス活用についてお伝えしていきます。

罪悪感を感じてしまうもの

写真、思い出の品

若い頃の写真や旅行の写真、大切に保管されていた思い出の品は故人の人生を垣間見ることができる大切なアイテムです。特に処分し辛い遺品といえるでしょう。また、気に入って着用していた見覚えのある衣服や、楽しんでいた姿が目に浮かぶ趣味のものも、処分することで故人が悲しむのではと感じるのではありませんか?また、高齢者の方からは、まだ使えそうなものを捨てるということに罪悪感を感じるという声も聞かれます。

遺品を捨てないこと=心の整理がついていない

遺品を捨てられないのは、亡くなった方に対して心の整理がついてないの証拠かもしれません。大切な方が亡くなってしまった、ということを消化するのは時間のかかるものです。遺品を処分することは「故人を忘れるための行為のように思えて辛い」という声も聞かれますが、処分ではなく「故人の元に送るのだ」と考えれば少し気が楽になりませんか?処分できずにそのまま保存しておくことは家賃の負担だけでなく、火事が起きたケースもみられるなど、負担は小さくありません。処分が進まないことでご遺族に負担がかかることのほうが、故人は悲しまれることでしょう。

遺品整理の心構え

優先順位をつける

本当はすべて残しておきたい、というのが本音ですが収納スペースの関係もあり難しいのが現実です。遺品整理をする際には、
・紙類や汚れた衣類、ゴミなどは処分する
・まだ使えそうなものはリサイクル
・思い出深いものはしばらく保管する
など、基準を作ってから臨むとスムーズに進めることができます。

「大切なものは残していい」と思う

遺品はすべて処分しなくても大丈夫です。思い出深いものなどで残せるものはそのまま手元に置いておくのもいいでしょう。量が多い、収納スペースがないという場合は写真に収めておき、いつでも眺められるようにしておくのも得策です。

遺品整理について調べる

遺品整理を行なう機会はそう多いものではありません。近年はインターネットや書籍でその手順などを簡単に調べることができるため、冷静に対応できるよう、片付け法などをチェックしておくのもおすすめです。

遺品整理業者に相談する

急いで部屋を空けなければならない賃貸や、遠方で対応することができないなど、自分で遺品整理をできない場合は専門の業者を依頼することも可能です。不用品回収から供養までさまざまなサービスがあり、短時間でさっぱりと片付けることができます。悪徳業者もみられるため、業者選びには注意が必要です。

新たな気持ちになれるようお手伝いいたします。

メモリアルでは、「遺品を捨てられない」というご遺族様が新たな気持ちになれるよう、誠心誠意お手伝いいたします。当社は、不用品処分はもちろん買取、大切な遺品を探してお渡しすることや供養など、通常の片付けとは異なる遺品整理のポイントを熟知した専門家集団です。創業からこれまで、多くのお客様から喜びの声を頂いてきました。まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 相続を放棄したい場合の遺品整理
  2. 孤独死や遺品整理にまつわる法律トラブル
  3. 遺品整理で服などの衣類の処分方法や気をつけるべきこと
  4. 遺品整理の片付けの作業のコツ
  5. 遺品整理の悪徳業者の見分け方
  6. 遺品整理したら供養は必要になるのでしょうか
  7. 今から始めるのが吉?!実家の片付けと遺品整理
  8. 遺品整理は、家財などの買取と一緒にするとお得

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。