ブログ

生前整理のコツとエンディングノートの活用方法

婚活・就活と”活動”に注目が集まっていますが、自分の最後をより良いものにするための「終活」もまた脚光を浴びていますね。生前整理もその1つで、テレビや雑誌で特集されていることもしばしばです。その火付け役となったのがエンディングノートですが、気になっている方も多いのではありませんか?そこで、今回は生前整理のコツやエンディングノートを活用するための方法についてお伝えしてまいります。すでに取り掛かっている方も、身近な方に教えてあげたい方もぜひチェックしてくださいね。

生前整理のコツ

死は誰にでも訪れますが、それはいつどんな形で訪れるのか知ることはできません。ですが、一番最後の瞬間も自分らしくいたい、遺族に余計な負担をかけたくないという気持ちがあるでしょう。それを最大限に発揮する方法が生前整理です。

生前整理は、まずゴミなどの不用品を片付けることから始まります。着るかもしれないと思って保管していた洋服などの衣類、現在は使っていない家具・家電、お子さんが昔遊んだおもちゃや絵などの作品は、綺麗さっぱり処分します。もったいないけど、使わないから誰かにあげようと思っているものも同様です。「もったいない」という気持ちから作業が進まないなんて声も聞かれますが、あなたが進めなければ遺族がやらなければならなくなります。

一年以上袖を通していない流行遅れの洋服は、いい素材であっても貰い手は少ないもの。古くなった家具・家電も同様です。誰かがやらねばならないなら、自分でやるのが一番ですよね。もちろん、どれもこれも捨てるのではなく、子供の絵などは写真に残したり、思い出の洋服は使える形にリフォームするのも得策です。

また、自分ではなかなかといった方は、不用品回収業者に依頼するとあっという間に終了します。その際は、まだまだ使える物は買取に出すことで、処分にかかる費用を抑えることができます。メモリアルでは、不用品の処分だけでなく、買取にも対応しているので、生前整理をお考えの方はまずご相談ください。家の中をすっきりさせると、片付けが簡単になるというメリットも生まれます。さらに、財産目録も作りやすくなり、誰に何を渡すべきかクリアに考えることができるでしょう。

生前整理のためのエンディングノートの活用方法

エンディングノートと遺言書の違いについてご存知ですか?どちらも、死後に故人の意思を確認し反映させていく点は同じです。大きな違いといえば、遺言書には法的な効力があるのに対し、エンディングノートには何の効力もないという点でしょう。ですがエンディングノートは、思いついた時にいつでも書き込みや更新することができ、誰もが簡単に始められるというメリットがあります。

葬式で使って欲しい写真やお墓のこと、財産、家系図、友人関係、保険など、残される方々に伝えておきたいことを大学ノートなどに書き溜めていくだけで出来上がりです。また。書店などに専用のものが売っているので何を書くのか迷ったら参考にするのもいいでしょう。もっとよく知りたい、ほかの方の例が知りたいという方は、終活セミナーなどに参加するのも選択の1つです。

お困りならメモリアルへ

「そんなに高齢じゃないからまだ大丈夫!」「親に実践して欲しいけどいいにくい」といった意見も聞かれますが、死は誰にでもいつか訪れるものなので、若い方もある程度準備は必要です。お子さん世代も一緒に始めてみるのもいいでしょう。家族や友人にどのように見送られたいか、コツコツ集めてきたものをどのように形見分けするのかなど、自分の意思はしっかりと主張しておきたいですね。もし、お困りのことや質問などがありましたらエンディングノートプランナーいる「メモリアル」にご相談ください。

関連記事

  1. 生前整理が進まない?その理由と解決策
  2. 実家の清掃・生前整理の悩みとコツ!
  3. 終活を賢く!トラブル避けるための生前整理の方法
  4. 生前整理するための「断捨離」のススメ
  5. 生前整理のメリットとその作業とは
  6. 生前整理のポイント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。