ブログ

孤独死のリスクに備えた保険

高齢化社会の現在、孤独死が増加し続けています。65歳以上のひとり暮らしの数は、男性が約139万人で約10人にひとり、女性が約341万人で約5人にひとりの割合となっており(平成26年版高齢社会白書より)、もし家の中で倒れてしまっても、そばで気づいてくれる人がいないという状態です。

このような環境で万が一亡くなってしまった場合、発見が遅れるケースが多いため、周りが気づいたときには遺体の腐敗がかなり進んでしまっていることも…。孤独死が発見された後、遺族は悲しんでいる間もなく現場の原状回復の義務を負うことになります。
しかし、あとの片づけや諸々の処理を行ってくれる家族がいる高齢者ばかりではありません。親族とは縁が切れてしまった人、身寄りがない人などの場合、困るのはその物件のオーナーです。誰にもあとの処理を依頼することができないケースもあるため、オーナー自身でなんとかするしかないというケースもあるのです。
家賃の滞納などは入居時の保証人に請求することはできますが、原状回復の義務を負わせることは難しいことが多く、かといってオーナーが原状回復をするのはかなりの負担です。専門業者に依頼するにもまとまった費用が必要なため、いざそのような事態が起きたときには、困り果ててしまうでしょう。
孤独死が増加する傾向にともない、最近は孤独死のリスクを負う物件オーナーのための保険や、孤独死をしたときに周りに面倒をかけたくないという本人向けの保険も増えています。このように孤独死のリスクに備えた保険に人気が高まってきていますので、その内容をご紹介しましょう。

孤独死の後の清掃は大変

病気や事故などにより孤独死が起きると、そのあとの片づけは想像を絶するほど大変な作業になります。遺体の周りは血液や汚物などで汚れ、床や壁などに奥の方に染み込んでしまうことも…。遺体が腐敗していると今まで嗅いだことのない異臭が広がり、同じ建物の住居人など周囲に大変な迷惑をかけることになります。また、腐敗が進むとウジなどの害虫が湧いてしまい健康を害する原因になることも多いのです。特に夏場は腐敗の進行が早いので、より悲惨な現場となってしまうでしょう。
入浴中に亡くなったケースでは湿気が多いため腐乱が激しく、また水で流すこともできないため原状回復作業はさらに困難をきたします。
問題は原状回復だけではありません。家財などの部屋に残されたものを処分することも必要ですし、家賃が未払いになっている場合は保証人に請求する手間なども必要になります。その他にも、次に入る人がなかなか見つからずに家賃収入が減ってしまうなど、オーナーが抱えるリスクはとても大きいのです。だからこそ、いざというときに補償してくれる保険に加入することで、少しでもそのリスクを減らすことが大切でしょう。

孤独死後の保険とは?

<オーナー向けの保険>

入居者の孤独死のあとに発生する損害額を一定額補償してくれるのが管理会社などのオーナー向けの保険です。たとえば、遺品整理・特殊清掃・孤独死による原状回復費用などにかかった損失費用の一部が軽減されるので、特に高齢者などひとり暮らしが多い賃貸運用をされているオーナーの方は入っておくと安心です。
また、原状回復が完了し次の人が入居するまでには空室期間が必要となり、その間家賃収入はなくなります。また、事故物件の場合はそれを告知する義務があるため、次の人が入りにくくなることも考えられます。そんなときに、値引き期間を設けた場合の家賃などを補償してくれる保険商品や特約がつくもの、その他火災保険などの特約がつくタイプも登場しています。
この保険が今後充実してくると、断りがちな高齢者の入居を受け入れやすくなるオーナーも増えるでしょう。

<本人向け保険>

高齢単身者の方で、万が一自分が孤独死をした際に周りに迷惑をかけたくないという思いがある人にニーズがあるのが本人向けの保険です。最近は、終活を積極的に行ったりエンディングノートを残したり、自分がいなくなった後のことを気にする方が多くなりました。
その影響もあり、遺品の生前整理をしたり、ひとり暮らしの方は孤独死に備えるために保険に入ったりする傾向が強くなってきているようです。

群馬で特殊清掃ならメモリアルへ

孤独死に備えた保険についてご紹介しましたが、万が一、賃貸住宅の現場で孤独死が起きてしまった場合は、当社にご相談ください。メモリアルは、遺品整理、生前整理、介護整理はもちろん、孤独死などの特殊整理も承っております。
専門の機械や薬品を備えてプロが作業にあたる当社なら、どのような現場も何ごともなかったように原状回復させることが可能。また、孤独死に関する保険のご相談も承りますので、お気軽にご連絡ください。

関連記事

  1. ごみ屋敷対策には特殊清掃できる業者がおすすめ
  2. 消臭ではダメ?特殊清掃でしつこい匂いを脱臭
  3. セルフネグレクトがもたらすごみ屋敷と孤独死問題
  4. 孤独死でのトラブルに対応する特殊清掃
  5. 30代でも急増?ひとり暮らしの若者の孤独死の増加の原因
  6. 孤独死の主な原因と防ぐための対策
  7. 特殊清掃における原状回復とその責任
  8. 孤独死が発生した場合の大家の対応

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。