ブログ

不用品回収業者を選ぶ4つのポイント

遺品整理時や引越しのときなど不用品をまとめて処分したいときにとても便利な不用品回収業者。しかし、いざ依頼する場面になると、どこに依頼するのがよいのか、どのように選んだらよいのかがわからず困ってしまう方が多いようです。 そこで、不用品回収業者(会社)を選ぶ際に「何を基準にしたらよいのか」そのポイントについてお伝えします。不用品回収前に業者選びで、迷ってしまわぬよう、しっかりとポイントを押さえておきましょう。

料金設定がわかりやすい

不用品を処分する際には、「いくらかかるのか」がやはり気になるもの。しかし、業者によっては回収費用を明確にせずに作業にとりかかってしまい、あとから大きな額を請求してくるケースもあります。 そこで、事前に見積り依頼ができるかどうかを確認します。特に、見積りを無料で行ってくれる業者や会社がおすすめです。また、見積りの内容もチェックしたほうがいいでしょう。以下の点が記載されていない場合は、事前にきちんと確認し説明を受けるようにしてください。

<見積りチェックポイント>

☑ 価格に不明点がないか? ☑ 2階以上に住んでいる場合、追加料金は必要か? ☑ 家具などの解体に必要な料金はいくらか? ☑ 消費税の扱いはどうなるのか? ☑ 家電製品の処分の場合は、別途リサイクル料金、収集運搬料金が必要か? また、遺品整理の場合は、専門業者・専門会社ごとに価格が大きくことなるケースが多いです。そこで、ホームページなどで金額が明記されているかどうかを確認しましょう。 たとえば、作業員が何名でどのくらいの部屋の大きさの整理が可能で、トータルいくらになるのか。この部分がはっきり記載されていれば安心です。 ただ、安すぎる業者は考え物。産業廃棄物収集運搬業などの免許を取得していない可能性も!不法投棄される危険性もありますので、安いからという理由だけで決めてしまわずに、金額、および後述する資格なども合わせてチェックすることが大切です。

セキュリティや秘密厳守

不用品回収業者の場合、個人情報の取り扱いに関しいい加減な対応をしているところも存在します。中には廃品回収後に産業廃棄物や家庭ごみなどをまとめて不当投棄するような悪徳業者も。このようなところに依頼しないようにするためにも、免許を取得しているかどうかを確認しましょう。 パソコンなどの処分は「使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律(小型家電リサイクル法)」が適用されますので、そのルールにのっとった処理を行ってくれるところである必要があります。そのため、産業廃棄物、粗大ゴミなどの廃棄・処分業者として行政から認定されているかどうか、確認しましょう。 チェックが必要な免許は次の通りです。 ☑ 産業廃棄物収集運搬業 ☑ 一般廃棄物収集運搬許可 ☑ 古物商許可証 また、スタッフが個人情報保護についてきちんと理解をしているかどうかも重要。遺品整理に関する資格をもっているかどうかもひとつのポイントとなるでしょう。

対応スピード

依頼してからどのくらいで対応してくれるのかもポイントです。電話で事前に聞いてみるとよいでしょう。 また、普段の勤務が不規則な方や、急な転勤で急いでいる方などは、夜間の対応ができるかどうかも確認しておいたほうがよいですね。

スッタフの対応

不用品処分や遺品整理の際には、スタッフが1名~数名で自宅に来て回収作業をします。このとき、雑な作業をされたり不愉快な態度を取られたりするのは嫌なものです。やはり、作業をきちんと気持ちよくやってもらうためには、スタッフのサービスが質のよいところに依頼したいですね。 ただ、どこの業者も事前に当日の作業スタッフを面接することはできませんので、確実なところはわからないのが現実。しかし、会社に在籍するスタッフにどのような人がいるかでおおよその判断はつきます。 たとえば、事前に直接電話をしてみて電話に出たスタッフの対応を見たり、見積りを対応したスタッフなどの応対の仕方を見たりして判断するのがポイント。スタッフ教育をきちんと行っている業者や会社であれば、その会社の指導方針や社風がだいたい判断できるはず。言葉づかい、話し方、身だしなみなどをチェックしてみるとよいでしょう。

不用品処分ならメモリアルへ

ご紹介したように、「不用品を処分するのだからどこでもいいのでは?」という考え方はとても危険であることがおわかりいただけたことと思います。不用品だからこそ、きちんとした業者・会社に依頼することが重要なのです。 群馬で遺品整理なども対応しているメモリアルなら、様々なニーズの不用品処分に対応可能です。もちろん、産業廃棄物収集運搬業、一般廃棄物収集運搬許可、古物商許可証の免許も取得しておりますので、産業廃棄物などの処理は責任を持って行うことができますし、中古品の買取りも可能!これまでに積み重ねた多くの実績もございます。 また、遺品整理士・遺品供養士・事件現場特殊清掃士・エンディングプランナーの資格を持つスタッフも在籍していますので「大量の不用品があり、こまった」という場合は、是非一度当社にご相談ください。ご連絡をお待ちしております。

関連記事

  1. 不用品処分のコツと業者の選び方
  2. ベッドやマットレスの処分を楽にする⽅法
  3. 引越しの際は不用品処分が効率的!
  4. 自転車を処分する方法と注意点
  5. 不用品処分は、買取サービス活用するのがお得!
  6. 食器棚の処分方法 -買取も可能!-

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。