ブログ

不用品処分のコツと業者の選び方

オフィスや事務所の移転、リフォームや引越しには不用品や粗大ゴミが付きもの。大量に発生し処分困っているという声も聞かれます。もちろん、自分で処分することもできますが、便利なのは不用品回収業者でしょう。とはいえ、不用品処分の業者選びにはちょっとしたコツが必要であり、ここを間違えると大きなトラブルとなる可能性も考えられます。そこでここでは、不用品処分だけでなく業者選びのコツについてお伝えしていきます。

不用品処分のコツ

捨てる意識が大事

ものを捨てるというのは勇気がいるものです。家電など高額なものは特に、「いつか使うのではないか?」「今捨てたら、また購入しなければならない」「購入時は高額だった」と持ち続けてしまうもの。ですが、そのまますべて手元に置いておくことはできません。迷ったら、

  • 現在、使っているものは捨てない
  • 使うことが確実なものは 捨てない
  • いつか使うだろうけど2年程使っていないものは捨てる
  • そのうち役に立つだろう2年程しまいこんでるものは捨てる

という基準で処分してみませんか?いつかは、持っていていいものと処分すべきものに分けなければならないのです。普段からその意識を持ちながら備品などを確認しておくと、移転やリフォーム時にも慌てることは少なくなります。「いつか使うと思っている」けど「今役に立っていない」ものは手放し、整理して「今使っているもの」だけを厳選しましょう。

処分方法を考える

捨てるのは忍びないというものは、捨てる以外の選択肢で処分するのもおすすめです。必要としている友人や知人にあげるのもいいですが、最近ではオークションを活用するケースもみられます。ですが、必ず売れるという保証はなく、トラブルも多いことから専門業者による買取りを活用する方が増えています。買取りができない場合でも引き取ってもらうことも可能なため、処分は簡単に完了するのも大きなメリットといえるでしょう。

専門家に依頼

「量が多い」「急いでいる」「時間がない」という場合には、すべて1人で手配するのではなく、専門家に依頼するのも1つの選択です。移転やリフォームなどで大量の不用品処分を短時間で済ませなければならない時には特に有効。専門のスタッフが作業を代行してくれるため、自分の業務を滞りなく行うことができるのも大きなメリットではありませんか?

不用品処分業者の選び方

非常に残念なことですが不用品処分業者の中には悪徳業者が紛れています。依頼したばかりに残念な結果なった、なんてことを防ぐためにも不用品処分業者の選び方について知っておきましょう。

よくあるトラブル

最も多いのが、料金トラブルです。近隣をトラックで回っていて、無料というので依頼したら法外な料金を請求されたというものもあります。また、料金を払ったのに後日、不法投棄されているのが発覚し、もう一度処分せざるを得なくなったという例も!不用品を回収する際は、「一般廃棄物処理業許可」という許可を得る必要があり、買取りには「古物商許可」の許可を得る必要があります。許可を得ているのか確認し、返答を渋る場合は別の業者を探すことをおすすめします。

電話対応

スタッフの対応は会社の質と直結します。問い合わせの電話で、言葉遣いや対応をみることで業者の本質をチェックすることができるでしょう。質問をはぐらかしたり横柄な返答である場合は、作業もそれと同等の質であると考えられるため、依頼するのはあまりおすすめできません。

見積もり

作業が終わった後に、見積もりになかった追加料金が大量に発生するというケースもみられます。電話やメールだけで簡単に見積もりをしている場合は特に注意が必要です。現地で直接見積もりをした場合も

  • 基本料金以外に追加料金など発生しないか
  • するとすればどの程度なのか
  • 家電を処分する場合は家電リサイクル法の料金が含まれているか

の3点は、必ず確認しましょう。

不用品処分ならメモリアルへ!

群馬・埼玉・東京で不用品処分にお困りでしたら、メモリアルへご相談ください。「一般廃棄物処理業許可」や「古物商許可」はもちろん取得済みであり、これまで多数の実績があります。また、まだ使えるものは買取りをすることで依頼主様の費用負担を軽減できるよう提案していますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. ベッドやマットレスの処分を楽にする⽅法
  2. 食器棚の処分方法 -買取も可能!-
  3. 引越しの際は不用品処分が効率的!
  4. 自転車を処分する方法と注意点
  5. 不用品処分は、買取サービス活用するのがお得!
  6. 不用品回収業者を選ぶ4つのポイント

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。