ブログ

ベッドやマットレスの処分を楽にする⽅法

家具の処分は大きいものが多く、手に余るものが多いですが、その中でも特に処分に困るものとして、ベッドやマットレスが挙げられます。大きさゆえ、人が直接肌に触れるものゆえの処分のしにくさがありますが、みなさんはどのように乗り切っていますか?
基本的には、自治体に引き取ってもらう方法やリサイクルショップにだすなどいくつかの方法が考えられます。
今回はそれらの特徴をみながら、どの方法がベストなのかみていきたいと思います。

ベッドやマットレスを処分する時期

引越しするから新しいものに買い替えたい、家族構成が変わったので今あるものは不用になったなど、ベッドやマットレスはいつまでも使い続けるものではありません。特にマットレスは、使うほどに劣化していくので、軋む音が大きくなり寝心地が悪くなったり、生地が痛みだしたなど劣化のサインがでたら検討しましょう。
長くても10年ほどが目安といわれていますが、使用方法によって大きく差がでるので使い心地を優先すると間違いありません。またベッドについてはタイプによって大きく異なりますが、マットレスよりも寿命は長く、メンテナンスをしっかりとしていれば数十年は問題なく使用できます。ですが、最近では、組み立て式のものを買い、マットレスを替える際に一緒に新調する方も増えています。

自治体に引き取ってもらう

方法

自治体で処分するには、指定の回収場所に出す場合と、指定の収集資源センターなどへ持参する場合の2つに分かれます。
回収の場合は、粗大ごみを担当する部署に電話やメール・はがきで申し込み、粗大ごみ回収のための整理券やシールを購入します。
指定の日時・場所に自分で搬送して終了で、立会の必要はありません。持ち込みの場合は、自力でセンターへ搬入し、重さや種類に応じた料金を払い処分してもらいます。

メリット:
自治体のサービスなので格安で処分ができます。
デメリット:
ベッドとマットレスはどちらも重く、指定の場所へ運ぶのが大変です。ベッドは解体しないと運べない場合も多く、女性や高齢者には大きな負担となるでしょう。また、指定の時間は朝早く、土日祝日は回収していないなど働いている方にも処分しにくい環境です。

リサイクルショップにお願いする

リサイクルショップに持ち込むとその場で査定買取をしてくれます。

メリット:
人気メーカーのベッドや、短期間しか使わないベビーベッドであれば高額買取となる場合もあります。高額な処分費が不用どころか、お小遣いが手に入るお得な処分法といえるでしょう。
デメリット:
出張買取を行っている場合もありますが、どこのリサイクルショップでもあるサービスではないので事前に確認が必要です。
また、マットレスは、シーツを敷いて使いますが人が直接寝るものなので売れにくく、買取をしていない場合も多くみられます。
その場合、引取も拒否されることもあり、二度手間三度手間となるデメリットも。

不用品業者に引き取ってもらう

不用品業者に連絡し、希望の日時を伝えるだけで完了です。

メリット:
日時や時間が柔軟なので、どなたも思い立ったら処分ができるメリットがあります。出張サービスや片付け、解体や運び出しも対応している場合がほとんどなので、女性や高齢の方でもラクラク処分が完了します。
また、ベッドやマットレス以外に不用品があれば一緒に引き取ってもらえるので大掃除や引越しにも最適!
もちろん、状態が良好であれば買取に対応する業者もあり、時間的にも体力的にも費用的にもお得な処分が可能です。
デメリット:
買取りでなければ回収料金が発生するので、事前に見積を取るなど把握しておくと安心です。
また、悪徳業者が紛れているので安心して任せられる業者を見極める必要もあるでしょう。

関連記事

  1. 不用品回収業者を選ぶ4つのポイント
  2. 自転車を処分する方法と注意点
  3. 食器棚の処分方法 -買取も可能!-
  4. 不用品処分は、買取サービス活用するのがお得!
  5. 引越しの際は不用品処分が効率的!
  6. 不用品処分のコツと業者の選び方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。